1 of 4
  • 【中四国ブロック】令和5年度 国際化対応営農研究会(中四国ブロック営農研究会)が開催されました。

    ライブ配信用のリンクを追加しました。皆様のご参加・ご視聴・チャットでのコメント等をお待ちしております。 「国際化対応営農研究会」は、国際化の中で生き抜く足腰の強い農業経営を確立するため、"担い手育成"をテーマとした研究会を全国5ブロックで開催されています。農業を学びたい方、海外農業研修事業に興味をお持ちの方もご参加いただけます。

    【中四国ブロック】令和5年度 国際化対応営農研究会(中四国ブロック営農研究会)が開催されました。

    ライブ配信用のリンクを追加しました。皆様のご参加・ご視聴・チャットでのコメント等をお待ちしております。 「国際化対応営農研究会」は、国際化の中で生き抜く足腰の強い農業経営を確立するため、"担い手育成"をテーマとした研究会を全国5ブロックで開催されています。農業を学びたい方、海外農業研修事業に興味をお持ちの方もご参加いただけます。

  • 【関東甲信越ブロック】令和5年度 国際化対応営農研究会(関東甲信越ブロック営農研究会)のお知らせ

    令和5年度関東甲信静越ブロック国際化対応営農研究会が、以下の通り開催されます。 件 名:令和5年度関東甲信静越ブロック国際化対応営農研究会 主 催:静岡県国際農友会、公益社団法人国際農業者交流協会、国際農友会 日 時:令和6年1月31日(水) 午後1時30分から 場 所:中島屋グランドホテル(静岡市葵区紺屋町3-10) 詳しくは、静岡県国際農友会ブログをご確認ください。

    【関東甲信越ブロック】令和5年度 国際化対応営農研究会(関東甲信越ブロック営農研究会)のお知らせ

    令和5年度関東甲信静越ブロック国際化対応営農研究会が、以下の通り開催されます。 件 名:令和5年度関東甲信静越ブロック国際化対応営農研究会 主 催:静岡県国際農友会、公益社団法人国際農業者交流協会、国際農友会 日 時:令和6年1月31日(水) 午後1時30分から 場 所:中島屋グランドホテル(静岡市葵区紺屋町3-10) 詳しくは、静岡県国際農友会ブログをご確認ください。

  • 【愛媛県】えひめ・まつやま すごいもの博2023は悪天候のため開催中止となりました。

    えひめ・まつやま産業まつり実行委員会からの発表があり、17日(金)から18日(土)にかけて、松山市内で強風が予想され、強風によりテント等が倒れる危険性があり、来場者、出展者の安全を考慮し18日、19日両日とも産業まつりの開催を中止すとのことです。参加者が10万人の集客がある愛媛で非常に大きな産業祭でもあるので、各方面の皆さんにとっても苦渋の決断だったと思います。大変残念ではありますが、来年に向けて今後とも邁進してまいります。

    【愛媛県】えひめ・まつやま すごいもの博2023は悪天候のため開催中止となりました。

    えひめ・まつやま産業まつり実行委員会からの発表があり、17日(金)から18日(土)にかけて、松山市内で強風が予想され、強風によりテント等が倒れる危険性があり、来場者、出展者の安全を考慮し18日、19日両日とも産業まつりの開催を中止すとのことです。参加者が10万人の集客がある愛媛で非常に大きな産業祭でもあるので、各方面の皆さんにとっても苦渋の決断だったと思います。大変残念ではありますが、来年に向けて今後とも邁進してまいります。

1 of 3

The New Farmers Originals

歴史ある海外農業研修制度のスピリットを現代に継承するため、かつての機関紙「THE NEW FARMERS」に掲載されていたロゴを復元しました。今後、「THE NEW FARMERS ORIGINALS」の名の下で、国際農友会のオリジナルグッズの開発と販売を進めてまいります。尚、収益の一部は、国際農友会の海外農業研修生事業啓蒙活動の支援として活用されます。

オンライン販売を開始しました。

海外農業研修を経験した仲間たちの活動や考えを知る機会が少ない中、各地の研修経験者の情報をまとめた「素敵な経営者たちII」を制作しました。

  • 編集・発行:国際農友会
  • 発行:2023年3月
  • 発送:レターパック
  • 価格:13,000円(送料及び税込)
ご注文はこちらから
  • 【アグトレ・サロン EP.14】B.B.C.C.を訪ねて。 -皆戸氏に聞く-

    【アグトレ・サロン EP.14】B.B.C.C.を訪ねて。 -皆戸氏に聞く-

    今回のアグトレ・サロンは、米国研修を体験された元海外農業研修生OB・OGにとっては、とても懐かしいBig Bend Community College (B.B.C.C.)からの報告です。アグトレ・サロンではいつもお世話になっている皆戸さんは、我らが公益社団法人国際農業者交流協会の派遣部長さん。今回のB.B.C.C.への訪問では、現地で学ぶ研修生たちのケアをしながら、現地大学関係者との会話から多くの気づきがあったと話される皆戸さん。気になる彼の気づきとは?

    【アグトレ・サロン EP.14】B.B.C.C.を訪ねて。 -皆戸氏に聞く-

    今回のアグトレ・サロンは、米国研修を体験された元海外農業研修生OB・OGにとっては、とても懐かしいBig Bend Community College (B.B.C.C.)からの報告です。アグトレ・サロンではいつもお世話になっている皆戸さんは、我らが公益社団法人国際農業者交流協会の派遣部長さん。今回のB.B.C.C.への訪問では、現地で学ぶ研修生たちのケアをしながら、現地大学関係者との会話から多くの気づきがあったと話される皆戸さん。気になる彼の気づきとは?

  • 【アグトレ・サロン EP.13】帰国した今とこれから。 -武井氏の場合-

    【アグトレ・サロン EP.13】帰国した今とこれから。 -武井氏の場合-

    ●ゲスト:武井恒介(たけいこうすけ)氏(米国・令和4年 2022) 受入農家:Harlan Mountain Farms(米国) 研修内容:酪農 職  業:えびの市地域おこし協力隊隊員 URL: https://instagram.com/takeikosuke?igshid=YmMyMTA2M2Y=

    【アグトレ・サロン EP.13】帰国した今とこれから。 -武井氏の場合-

    ●ゲスト:武井恒介(たけいこうすけ)氏(米国・令和4年 2022) 受入農家:Harlan Mountain Farms(米国) 研修内容:酪農 職  業:えびの市地域おこし協力隊隊員 URL: https://instagram.com/takeikosuke?igshid=YmMyMTA2M2Y=

  • 【アグトレ・サロン EP.12】GFFAに参加して -吉川氏の場合-

    【アグトレ・サロン EP.12】GFFAに参加して -吉川氏の場合-

    ●ゲスト:吉川京太(よしかわきょうた)氏(米国・令和元年 2019) 受入農家:Full Belly Farm(米国) 研修内容:有機農業・複合農業(野菜収穫、果樹収穫、花収穫、家畜管理) 職  業:株式会社吉川 専務

    【アグトレ・サロン EP.12】GFFAに参加して -吉川氏の場合-

    ●ゲスト:吉川京太(よしかわきょうた)氏(米国・令和元年 2019) 受入農家:Full Belly Farm(米国) 研修内容:有機農業・複合農業(野菜収穫、果樹収穫、花収穫、家畜管理) 職  業:株式会社吉川 専務

1 of 3
1 of 6

海外農業研修制度 Q & A

Q: 海外農業研修とは何ですか?

本会の海外農業研修は、農場での実務研修がメインで、実際に農家で作業をしながら知識や技術を身に付けるとともに、外国での生活を通じてコミュ二ケーション力や人間的な成長を目指しています。

Q: アグトレって、何ですか?

農業研修は英語でAgricultural Trainingであることから、Agri-Trainを略してアグトレとした本会独自の造語です。

Q: ワーキングホリデーとの違いはなんですか?

ワーキングホリデーは、休暇と仕事を組みあわせて現地の生活や文化を経験すことが目的です。海外農業研修は、特に農業を目指す方が外国の農業者に学ぶことで、国内では得られないスキルや考え方を体得し、国際感覚を身に付けることができる研修です。

Q: 配属先はどのように決まるのですか?農場実習配属先はリクエストできますか?

事前講習中に農場配属に関する個人面接を国際農業者交流協会が行い希望業種や研修内容について希望を聞き、その後、各国受入機関と協会で協議して農場主の合意を得て農場を決定します。もしご自身のお知り合いの農場で実習を希望される場合は、協会まで予めお知らせください。

> 連絡先: 公益社団法人 国際農業者交流協会HP

Q: もっと質問がある場合は?

以下のリンク先にさらに詳しい情報が掲載されていますので、そちらを参照下さい。

> 連絡先: 公益社団法人 国際農業者交流協会HP